三ツ松新'sブログ

イノベーションコンサルタントのデジタルクリップ

« 先進的なMBAスクールは砂遊びをする?? |メイン| 究極ニッチマーケティング-イギリスよりXアイロンがけ »

マルチタスクを同時にこなす若人達

最近の若い人が、同時にいろいろなことをこなせると言う話しを時々聞く。自分の子供を見ていても、そう感じることが多い。

ロスアンゼルスのLAタイムズが調査したが、17歳のナサニエル君はパソコンで5つか6つのプログラムを同時に立ち上げて、プロジェクトをすすめ、レポートを書き、YouTubeを見て、メールのチェックをしながら映画を見るらしい。この間に友達と電話をする猛者もいる。ただここに出てくるナサニエル君は例外ではない。

アメリカの中高生の男の子で62%女の子で71%もの人がひとつ以上のタスクを同時にこなす。
さらに驚くのはこれだけのことをやっていても、エンターティンメントの選択肢の数に関してまだ飽きると答えた人は男の子69%、女の子75%にもなる。

賛否両論あるんやろうなあと思うけど、いい意味でほんまに怖い子らや。ぼくもプロジェクト管理やマルチタスクをこなすことに苦手意識はないけど、この子らが一線級で活躍する頃には完全に旧タイプやな。

投稿者: 三ツ松新 | 日時: 2006年09月21日 12:37

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.innovetica.com/blog/mt-tb.cgi/105

コメント

いわいる”ながら族”??

昔親によくテレビ見ながらご飯食べちゃお行儀悪い と怒られたものです(違)

投稿者: フェロモン会計士 | 2006年09月21日 22:28

>フェロモン会計士さん、
そうそうながら族は最近ADHAという病名までついてるそうな。
子供のころこの病名があったら私は多分入院だな(笑)。

投稿者: 三ツ松新 | 2006年09月22日 08:05

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

名前:
メールアドレス:
URL:
この情報を登録しますか?
コメント: (スタイル用のHTMLタグが使えます)