三ツ松新'sブログ

イノベーションコンサルタントのデジタルクリップ

« 偉大な戦略家たちは計画書に意味がないと言う |メイン| ルイ・ヴィトンのモデルはゴルバチョフ »

グーグルは携帯電話でweb4.0の覇者を狙う。

アメリカのビジネスウイークで「グーグルフォンはゲームを変えてしまうのか?」というタイトルの記事があった。詳細についての報告はないそうだが、広告モデルで無料または格安の電話を提供するのは容易に想像がつく。因みに広告を聞くことにより電話が無料になるサービスはすでにあるが、AT&Tの社長が言うようにすべての人が無料のために時間をギブアップするとは思えない。
しかしここからがおもしろくなるところで如何にユーザーが喜ぶ広告が提供できるかに成功がかかっている。たとえば検索エンジンと連動ができればユーザーがどのようなことに興味があるのかある程度予想ができる。それに携帯の位置情報やスケジュールと組み合わせれば、セス・ゴーディンが言うweb4.0の世界がやってくる。どこかで暇にしていれば、時間帯に合わせて好きなお店の紹介が入る。あるいは飛行機に乗り遅れそうになったら次のフライト時刻やほかの交通機関の紹介をしてくれる。
ようは個人向けのコンシェルジュが誕生することになる。

またオチがあらへん、今日は堪忍な。

投稿者: 三ツ松新 | 日時: 2007年10月05日 23:01

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.innovetica.com/blog/mt-tb.cgi/221

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

名前:
メールアドレス:
URL:
この情報を登録しますか?
コメント: (スタイル用のHTMLタグが使えます)